読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンプ、野手はしっかり振り込んでや。

春季キャンプスタート。
WBCに参加する平野佳寿
しっかりと仕上げて
侍ジャパンの勝利に
貢献してや。

そして残りのメンバーは、
チームが開幕から走られるように
ちゃんと仕上げて欲しいんやけど、
特に野手陣。
しっかりと振り込んで、
開幕から、打線好調 !! な戦いを
観たいんやわ。
打線がゲーム立ち上がりにしっかりと
得点を取って、
先発に勝ち星がつく状況で
繋いで行く展開。
やっぱり、先発に勝ちがつく
状態でないと、上は狙えんよ。

糸井の昨年の安打数が163本。
チーム全体の13%。
糸井が選んだ四球が74個。
チーム全体の18%。
この数字を埋めて、
さらに上積みをしていかんと、
首位戦線なんか、遥か彼方やで。
キャンプ中、若手はしっかりと
バットを振り込んで、
相手投手に「手強いぞ。」と
思わせるバッティングを見せてよ。
本拠地のゲームで、
攻撃の時間があっと言う間に
終わるんだけは勘弁して…。

チーム上昇の鍵は、
ほんまに打線やと思うねん。
「先取点の奪える打線 !!」を
作ってや。
キャンプ中、しっかりと振り込んで
強力打線の誕生を
期待してるで。